夜勤を専門とする人

よく、看護師の仕事は大変だと言われますが、その理由の一つは夜勤があるからです。もちろん、夜勤があるのは大きな病院の病棟に勤める看護師で、個人のクリニックなどでは夜勤はありません。確かに看護師でなくても夜勤はきついものです。夜勤では普段の生活とは違い、夜中の間ずっと起きていなければなりません。さらに、夜勤を二人体勢で行っている病棟が多いため、患者の急変など緊急事態が起こればたちまち忙しくなってしまいます。実際、職場のシフトでも夜勤の回数がなるべく公平になるように配分されていて職員の負担を減らすような配慮がなされています。

そのように夜勤は大変だというイメージがある一方で、実は意外と夜勤希望者がいるという話もあります。それは夜勤ならではのメリットがあるからで、主な理由は深夜の割り増し手当のためです。法律上、深夜の時間帯は深夜手当をつけなくてはならないので、夜勤をすればそれだけ給料もアップします。ですが他にもメリットがあり、夜勤に入ると昼間に行われる勉強会や委員会をパスできるという理由もあるようです。それでも夜勤が体力的に大変なのは確かなので、夜勤ばかり専従で入る人はそう多くはありません。夜勤のある職場では希望を出せば夜勤専従になることができますが、後々無理がたたって来ることもあります。そこで、夜勤専従になった職員に後日聞き取りを行って本当に続けられるかを確認している病院もあるということです。

夜勤専従で働きたいという人の理由はいろいろですが、やはり多いのはもっと稼ぎたいからというものです。他にも、子供の教育に熱心な母親が、昼間に子供の送り迎えや面倒をしっかり見たいので仕事は夜勤で、というような理由もあります。

こういった背景があることを知って夜勤がいかに重要視されているのかがよくわかりました。コンビニや飲食店でも夜勤が多数あれば助かります。医療分野だと尚更です。企業からは人材の確保が厳しいという声を耳にしますが、夜勤のメリットをうまくアピールして頑張ってほしいです。

Leave a Reply