勤務の種類について

看護師の資格は持っていれば一生使えるものです。その資格を取るには年数もお金もかかるのでちょっと大変ですが、一度取ってしまえばいろいろな働き方ができる資格でもあります。特に看護師の給料は他の仕事と比べても高い方なのでしっかり稼ぎたい人やキャリアアップを目指す人にも向いています。もちろんそれなりに大変な仕事でもありますが最近は学生にも人気の高い職業の一つです。

看護師というと普通は病院で働く正職員が多いと思いますが、中にはパートやアルバイトで働いている人もいます。病棟で働く正職員には昼勤も夜勤もありますが、パートは時間が限られています。大雑把に言えば、パートの看護師は家庭のある人が昼間だけ働くような形です。また、アルバイトは現場に人手の足りない時に臨時で働いたり、時間を夜勤だけに限定して来るような働き方です。他にも、健康診断を実施している会社などに登録しておいて、会社や保健センターで行われる検診に単発でやってくるアルバイトの看護師もいます。看護師が働く場所も病院だけでなく、最近では老人福祉施設や健康関連の企業などもあってますます増えてきています。

看護師の給料は正職員でおよそ年収400~600万円ほどで、女性の多い仕事としてはトップクラスに入ります。パートやアルバイトとしても時給は高く設定されていて他の一般的な仕事と比べると高収入が期待できます。いろいろな求人情報を見ても、だいたい1700円から2000円ほどの時給が多く出ています。さらに、夜勤に入れば深夜時間帯の手当てがつくのでさらに時給は上がります。たとえ正職員でなくても看護師の資格があれば有利に働けるわけで、若い人たちから人気が出ているのも分かります。

Leave a Reply